氣めぐり堂

疲れがとれないあなたは冷え性かも?

 

疲れている女性

「しっかり休息をとっているのに疲れがとれない!!」

そんなあなたは冷え性かもしれません。疲労には基礎代謝の低下が大きく関わっています。

 

体温が1度下がるとおそよ12〜20%基礎代謝が落ちるといわれています。体温が下がることにより血行不良や細胞の不活性化、老廃物が溜まりやすくなるなど疲れを感じさせる原因が一気に増えてしまいます。

ですから基礎代謝を上げないと疲労感はどんどん溜まっていってしますのです。

基礎代謝を上げる為にどのように体温を上げていけば良いのでしょうか。

 

1.胃腸の働きを活発にさせる

体が冷えて胃腸の働きが悪くなるとどうしても代謝が悪くなってしまいがちです内臓などの深部温度が下がってしまうと消化不良や便秘、胃もたれ、食欲不振むくみなどの不快な症状を引き起こす原因になってしまいます。

2.定期的な運動

代謝を上げるのに効果的な事といえばやはり運動でしょう。

特にウォーキングやランニングなどの有酸素運動は血行の促進だけでなく心肺機能の向上にもつながり代謝を上げるのに効果的です。筋肉は全身に血液を送り出すポンプ的な働きもある為、筋トレなどの無酸素運動行った後に有酸素運動をする事でより効果的に代謝を上げる事が可能です。

3.ストレッチやマッサージ

筋肉をつけても、凝り固まってしまっては効果が半減してしまいます。

筋肉が硬くなってしまうと血液はもちろん、リンパの流れも悪くなってしまうのでお風呂上がりの体が温まっている時にストレッチやマッサージを行い筋肉をほぐしてあげましょう。そうする事で、滞っていた血流が改善し老廃物の排泄も促されます。

4.とにかく冷やさないように気をつける

体温を調節しているのは自律神経です。自律神経の働きが低下すると代謝が悪くなります。手首や足首、首元、お腹を温める事で血流が良くなり、自律神経の働きを整える事にも繋がります。