氣めぐり堂

なぜ身体が冷えるとお腹が痛くなるのか?

身体は冷えを自覚すると身体を温めようといろいろな調整を行います。

 

お腹が冷える

その1つは自律神経による調整です。

自律神経というのは無意識的に身体のバランスを整えて生命を維持するために働いている神経です。腸を動かすのも自律神経の役目になります。冷えが続くと自律神経が行っている腸の調節がうまくできなくなってしまい異常収縮することで腹痛が起こります。これは、冷えた身体が熱を産み出す為に腸の異常収縮を起こすことで起こります。

身体の熱を作るのは筋肉です。身体が冷えを感じると、腸を動かす筋肉も活発に働かせて熱を作り出そうとするのです。このように腸が過剰に動きすぎると、お腹にキリキリするような痛みが生じるおそれがあります。

人によっては下痢を引き起こすこともあります。

これは少しでも腸の内容物を減らして、温めなければならない身体の体積を小さくし熱を血液に早く伝えて温めようとしているのです。

 

ではどうしたら良いのか?

身体を温めるというとピンとくるのが「温かいものを飲む」行為ですが腸が異常収縮している状態でいくら温かいとはいえ体内に水分を入れてしまうと返って腹痛が悪化してしまう可能性もありますのであまりおすすめすることはできません。

身体を温めるには、体幹部、つまりお腹や腰周辺を温めることで体内を流れる血液が温まり全身を温めることができますので腹巻きやカイロを使ってお腹や腰周辺を温めると良いでしょう。

カイロは一番小さいサイズのものを使用し、腹部と尾骨付近に貼ります。尾骨の近くには仙骨といって冷え性を改善するツボがあり仙骨を温めることで全身に冷えが解消されていきますので、おすすめです。

冷えによって腹痛や下痢が起きているときには、外から積極的に温めることが効果的です。当たり前ですが予防で大切なことは身体を冷やさないことです。