氣めぐり堂

東洋医学からみる冷えのタイプ

東洋医学

身体の芯から冷え切ってしまっているあなたは陽虚タイプの冷え!

このような症状がありませんか?

  • お腹や腰なども冷えていて特に下半身の冷えが辛い

  • 手足の強い冷

  • 頻尿 又は他の尿トラブル

  • 尿の色は透明で多尿

  • 泥状便あるいは尿量減少

  • むくみやすい

  • 顔色が青白い

 

陽虚タイプの冷えは、お風呂で温まってもすぐに冷たくなってしまうような強い冷えです。手首や足首までが冷たく冷え、尿トラブルや腰痛などの症状も出やすくなります。

このタイプの冷えは、腎に蓄えられる腎陽気(身体全体を温める作用がある)が不足していることが原因です。

 

◆対策ポイント

◎生活環境を整えましょう。

冬は腹巻や使い捨てのカイロ、靴下の重ね履きなどで身体を冷やさない工夫をすることで、厳しい冷えから身体を守りましょう。睡眠時に湯たんぽを使用するのもおすすめです。

夏は、冷房がきいた場所と炎天下を行き来すると血管がそのたびに収縮と拡張を繰り返して、血のめぐりが悪くなる原因になるためはおりものをバッグに忍ばせてこまめに服装を調節することを心がけましょう。そして入浴はシャワーですませず、できるだけゆっくりと湯船につかるようにしましょう

 

◎食事からの改善

身体を冷やす食事を避け、温める食材を摂るようにしましょう。

化学調味料や乳製品、砂糖、精製された食品は身体を冷やす代表ともいえる食材です。毎日の食事から摂取する量を少しずつ減らす工夫をしていきましょう。温める食材の代表格として冬になると消費量が増える生姜ですが、

生姜は「生姜 ショウキョウ」と「乾姜 カンキョウ」の二種類に分類されることはご存知でしたか?

「生姜 ショウキョウ」は殺菌作用に優れ、風邪の引き始めなどにおすすめの食材です。一方、「乾姜 カンキョウ」は身体を芯から温めてくれる作用があり強い冷えの方には特におすすめの食材と言えます。

◎運動で体を温め、筋力もアップ

熱を作り出すのは筋肉です。身体を動かさないでいると、熱の産生源でもある筋肉を衰えさせ、ますます冷えやすい身体になってしまいます。え性を治すためにも血のめぐりをよくするためにも、適度な運動は必要です。