氣めぐり堂

むくみでお悩みの方へ

むくんだ女性のふくらはぎ

身体の60%は水分で出来ています。血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し、皮膚と皮下組織内に溜まる状態がむくみです。長時間立ち続けていたときなどに起こる一時的なものと、心臓、腎臓、肝臓や甲状腺などの疾患が原因で起こるものがあります。

症状と原因

女性特有のむくみ

足の静脈の血液は足を動かすことによって生まれる筋肉のポンプ作用でスムーズに心臓へ戻ります。しかし女性は筋肉量が少ないために筋ポンプ作用が小さく静脈の血行が悪くなりがちでむくみが起きやすい傾向があります。また、冷え症の人は血の巡りが悪くなっているので水分の巡りも悪くなってしまいます。冷え性の改善も大事になります。生理前や妊娠中、更年期にはホルモンのバランスが変化するため、自律神経の乱れから血行が悪くなりむくみが出やすくなります。

立ち仕事や長時間同じ姿勢

心臓から送り出された血液は全身を回って心臓に戻ります。心臓から遠い位置にある足は重力の影響を受けて血管から血液中の水分がしみ出しやすくなり、血管内に水分が戻りにくくなります。とくに立ち仕事や座り仕事、飛行機の移動などで長時間同じ姿勢でいると足の血流が滞るためむくみが起きやすくなります。

水分の不足や精神的なストレス

水分が多いとむくみますが、逆に水分が少なすぎてもむくみを引き起こします。身体の水分が不足すると、静脈の血行が悪くなって、動脈から血液中にしみ出た水分を静脈が吸収できなくなることがあります。そのため皮膚と皮下組織内に水が溜まり、むくみを引き起こすのです。また、精神的なストレスによって自律神経が乱れると血行が悪くなり、むくみを引き起こすことがあります。

水分や塩分のとりすぎ、アルコールのとりすぎ

水分や塩分を多くとりすぎてしまうと血管の中の水分が増え外にしみ出しやすくなるためにむくみを引き起こすことがあります。またアルコールを飲むことで血管の透過性が高まり血管中の水分がしみ出しやすくなります。

薬の副作用

関節リウマチや喘息などで副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を飲んでいると顔にむくみが起きることがあります。また市販の痛み止めや風邪薬にも含まれる非ステロイド鎮痛剤によっても尿として排泄される水分が少なくなるため顔にむくみが起きることがあります。血圧を下げる薬であるカルシウム拮抗薬でもむくみが起きる場合があります。

こんな時は要注意です

むくみをともなう疾患としては、心不全、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、急性糸球体腎炎、リンパ水腫(浮腫)、妊娠高血圧症候群、更年期障害などがあります。

むくみがなかなか治らず、動悸・息切れ・体重の増減が激しい・尿の量が減る・食欲不振・極度の疲労などの症状がある場合には医療機関に行きましょう。

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

「むくみ」がある状態というのは「冷え」や「自律神経の乱れ」や「ストレス」などさまざまな要因が原因となります。丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

「むくみ」を改善していくには「血流」を改善させ「冷え」を取り除く必要があります。このため「血流をコントロール」している自律神経を整えていくことが不可欠です。当院では自律神経を整えていくために整体とはりとお灸を使って治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として「はり灸治療に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効である」と発表した症状の中に「自律神経の乱れの改善」も含まれています。

腹部のお灸

リラックスすることにより血流を改善させることが出来ます。「ストレス」を軽減させるために当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックス出来る「はこ灸」というものを使用していきます。

整体治療の写真

また筋肉のコリが血流を悪くしてしまう原因にもなりますので、整体をすることにより筋肉をほぐして血流を改善していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ自律神経を整えて「むくみ」を改善していく独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

自律神経の乱れを改善させるためには体質改善が必要になりますので週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

その理由は、血液の成分である赤血球の寿命が120日ということに関係があります。漢方などでも3ヶ月がワンクールとなっているのもそのためです。

睡眠の質が変わってくる

「むくみ」を改善していくには「血流」を改善させ「冷え」を取り除く必要があります。このため「血流をコントロール」している自律神経を整えていくことが不可欠です。

自律神経の乱れを改善させるためには体質改善が必要になりますので週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら