氣めぐり堂

女性とお酒の関係

お酒

女性は一般的に、男性よりもお酒に弱いと考えられます。同じ量のお酒を飲み続けた場合女性は男性の約2分の1の期間で肝障害を起こしたりアルコール依存症になってしまうといわれています。女性は一般的に男性より体重が軽く、アルコール処理能力が小さいこと、また男性より体に占める水分の割合が少なく、男性より血液中のアルコール濃度が上昇しやすいことなどが理由とされています。

そして、特に気をつけたいのが妊娠中です。妊娠中の女性がお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールが赤ちゃんの体内に直接入ってしまいます。その結果、生まれてくる赤ちゃんに、知能の障害、精神発達の遅れ、低身長や低体重といった発育障害、顔面の形成不全などの「胎児性アルコール症候群」が出る危険性があります。また、流産や早産、分娩異常も起こりやすくなります。 妊娠3ヶ月以内は飲酒の影響がとりわけ大きいとされていますが、この時期はまだ妊娠しているかどうかわからない時期です。

ですから、妊娠中はもちろんのこと、それ以前でも可能性があれば、そのときからお酒は飲まないようにしたいものです。また、授乳期も母乳で育てる場合は、母乳を通じて乳児にアルコールが届きますので、授乳が終わるまではお酒を飲まないことです。

何よりもかわいい赤ちゃんの将来のためです。しばらくお酒は我慢しましょう。