氣めぐり堂

つらい生理痛は身体の異常なサイン!?

 

生理痛

生理痛というのは無いのが普通です。そのため、生理痛があるということは身体からの何らかのサインであることが多いです。生理があるたびに日常生活に支障をきたすひどい苦痛を伴う場合を月経困難症と言います。月経困難症は子宮やその周辺の組織の異常で起こるもので日常生活に支障を来すだけではなく、背景に別の病気が潜んでいる可能性もあります。

月経困難症のタイプ

月経困難症には「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の二つがあります。

「器質性月経困難症」とは

子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、クラミジア感染などの病気が原因で 20代後半から多くなり加齢とともに増加します。症状は生理初日~3日目ごろを過ぎても続き、生理期間以外にも痛みが生じることもあります。

 

「機能性月経困難症」とは

機能性月経困難症は、子宮の入り口が狭いことや、子宮内膜で作られるプロスタグランジンという物質の分泌が増えて、子宮や血管、腸管を過剰に収縮されることによって、痛みなどの症状が引き起こされます。また子宮や卵巣の未成熟、冷えやストレスも原因の一つと考えられます。10代後半から20代前半に多く、一般的に身体の成熟とともに症状は治まるとされています。