氣めぐり堂

更年期でお悩みの方へ

頭をおさえる年配女性

更年期とは一般的に40代から50代後半を指すことが多いのですが非常に個人差があります。

女性の更年期症状

閉経(1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。

卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、20~30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。

これにともいさまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。個人差はありますが早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。

女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが全員が更年期障害を起こすわけではありません。更年期障害を起こす背景には心的ストレスや性格的なものが強く影響します。

症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。

症状と原因

症状

更年期症状は多岐にわたりますが主な症状は次のようなものです。

ほてり、のぼせ、発汗、冷え、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、イライラ、不安感、不眠、抑うつ、無気力、肩こり、腰痛、関節痛、疲労感、皮膚症状(乾燥、かゆみ、湿疹など)、腟の乾き、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎。

このほか、さまざまな症状を呈します。

原因

更年期を迎えると卵巣機能は低下する為、若い時と同様にエストロゲンを分泌できなくなります。そのことによってホルモンバランスが保てなくなって起こる症状が更年期症状です。

女性ホルモンは、脳の視床下部からの司令により卵巣から分泌されます。視床下部はさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンターになります。

ところが、卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。すると脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。

男性の更年期症状

「更年期」というと女性だけのものと思われてきました。ところが最近は男性にもよく似た症状が起こることがわかっています。男性の場合、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少していきます。女性のエストロゲンほど急激な変化ではないのでそれだけ症状が自覚しにくいともいえます。

手足の冷え、イライラ、動悸、息切れ、不眠など、女性と共通の症状がみられますが、なかでもとくに多いのは、疲労感や倦怠感(だるさ)です。疲れがなかなかとれず、体力が落ちたと感じる人が少なくありません。

また、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、といった症状もよくみられます。テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、その減少が影響していると考えられています。

また性欲の低下やED(Erectile Dysfunction:勃起障害)も目立つ症状です。個人的な問題だけに人知れず悩み、自信を喪失したり、疲れや年齢のせいとあきらめてしまいがちですが更年期障害のひとつであることが少なくありません。

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

更年期症状が出てきているのはホルモンバランスが乱れている状態になります。ストレスによるホルモンバランスが乱れ、また不眠などの睡眠障害がも更年期における症状になります。これらの状態というのは自律神経が乱れている状態でもあります。

丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

「更年期症状」を改善していくには自律神経を整えていくことが不可欠です。自律神経を整えていくために整体とはりとお灸を使って治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として「はり灸治療に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効である」と発表した症状の中に「自律神経の乱れの改善」も含まれています。

腹部のお灸

リラックスすることにより血流を改善させることが出来ます。「ストレス」を軽減させるために当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックス出来る「はこ灸」というものを使用していきます。

整体治療の写真

また筋肉のコリが血流を悪くしてしまう原因にもなりますので、整体をすることにより筋肉をほぐして血流を改善していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ自律神経を整えて「更年期症状」を改善していく独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

「更年期症状」を改善していくには自律神経を整えていくことが重要となります。

自律神経の乱れを改善させるためには体質改善が必要になりますので週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら