氣めぐり堂

食べ物の性質を知りましょう

 

食べ物の性質を知りましょう

身体を冷やす食べ物

スーパーなどに行くと、季節感を感じない程に様々な食材を手軽に手にする事が出来る様になりました。本来、食物には暑い地域や暑い季節に採れるものは身体の熱を取り、寒い地域や寒い季節に採れるものはからだを温めるという性質があります。

 

 《身体を冷やす食べ物の特徴》

◆水分を多く含む食べ物

生命にとって水は大切です。しかし多く取りすぎると害になることがあります。

体内に余分な水分がたまり体外に排泄できない状態を東洋医学では「水毒」と呼びます。これも冷え性の原因となり様々な不調を起こします。

◆白っぽい食べ物

白い顔をした人は冷え性の人が多いのですね。食べ物もそれと同じで、青白い色の外観をした食べ物は身体を冷やします。

◆南方産または夏が旬の食べ物

南方に住む人の環境は毎日暑くてしかたがありません。暑さが体力を奪うので南方でとれる食べ物は自然に身体を冷やすようにできているのです。同様に、暑い夏に取れる食べ物も身体を冷やす作用があります。

冷え性の方の体質には合わないことが多いでしょう。

◆柔らかい食べ物

パン・バター・マヨネーズのように柔らかいものは水分か油を多く含んでいるので身体を冷やす性質があります。

 

 《冷やす食べ物》

◆水分の多い食べ物

水、酢、お茶、コーヒー、コーラ、ジュース、牛乳、ビールなど

◆白っぽい食べ物

白砂糖、化学調味料、化学薬品など

◆南方産の食べ物

バナナ、パイナップル、ミカン、レモン、メロン、トマト、キュウリなど

◆柔らかい食べ物

パン、バター、マヨネーズ、 クリームなど

◆生もの

生野菜、刺身など

旬の食材には季節に合った効果があります。冷えない身体を作らない様心がけましょう。

 

身体を温める食べ物の特徴

 

◆塩分の多い食べ物

自然塩はからだを温め、新陳代謝を促す性質を持っています。ただし、化学塩(精製された食卓塩)は厳禁です。これは薬品と同じで、近頃は白砂糖、食卓塩の危険性が専門家の間でも指摘されています。

◆赤・黒・黄・橙色の食べ物

白い牛乳を発酵させて、黄色いチーズにしたり、白い大根をつけて黄色いたくわんにすると、からだを温める性質に変わります。これも、からだを温めるための生活の知恵のひとつですね。

◆北方産または冬が旬の食べ物

北方に住む人は寒い環境にいるので身体を温めようとします。そのため、北方でとれる食べ物も、身体を温めるものが育ちます。同様に冬に取れる食べ物もからだを温める作用があります。

◆硬い食べ物

白くて柔らかいものは冷やす作用があります。逆に硬い食べ物は温める性質を持っています。