氣めぐり堂

生理不順でお悩みの方へ

頬杖をついて悩む女性

「生理不順」とひとことでいってもさまざまなタイプがあります。生活リズムの乱れやストレスによってホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れて生理不順になってしまうことがあります。また自律神経が乱れると冷え性にもなりこれが生理不順の原因にもなります。一方で生理不順は重大な病気のサインの可能性もあるので注意が必要です。

症状

生理不順の症状は「生理周期の異常」と「出血の異常」の2種類に大まかにわけられます。

生理周期の異常

個人差はありますが、正常な生理周期は月経が始まってから次の月経が来るまでの期間が25~38日間で、出血が続く期間は3~7日ほどです。これに比べ周期が短すぎたり、長すぎたりすると「生理不順」とみなされます。

頻発(ひんぱつ)月経

正常な周期(25~38日間のサイクル)に対し、周期が24日以下の短い周期のサイクルで生理が起こります。
原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。

また黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から生理が始まるまでの期間が短くなる場合(黄体機能不全)もあります。黄体ホルモンが不足すると、子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産がおこりやすくなったりすることもあります。

稀発(きはつ)月経

月経が始まってから次の月経が来るまでに39日以上かかる長いサイクルで生理が起こります。
原因は卵巣の働きが不十分でホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。

出血の異常

生理が起こらないはずの時期に出血して、数日間続くことがあります。具体的な出血異常の症状を以下のようなものがあります。

過長月経と過多月経

生理の期間がダラダラと8日以上続く状態を過長[かちょう]月経といい、原因として、ホルモンバランスの乱れや子宮の病気が考えられます。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合、視床下部、脳下垂体、卵巣など女性ホルモンの分泌に関係する器官になんらかのトラブルがあって無排卵周期になっている、または黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっている可能性があります。

また、出血量が増える、経血にレバー状のかたまりが混じる、生理痛がひどいなどの症状がみられる過多[かた]月経のときは、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなどの病気が原因になっていることもあるので要注意です。

過少月経と過短月経

経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血がわずかにつく程度で終わってしまうような状態を過少[かしょう]月経といい、月経が2日以内で終わってしまう場合を過短[かたん]月経といいます。

これは女性ホルモンの分泌量が少ないために子宮内膜の厚みが薄い、あるいは子宮自体の発育不全などのほか、甲状腺機能異常が原因のこともあります。

生理はきても排卵のない無排卵月経になっている場合も多いので長いあいだ放置すると不妊の原因にもなります。

不正出血

生理の期間以外に出血があること。明らかに生理とは違う時期に出血がある場合は、子宮頸がん、子宮体がん、頸管炎といった病気の可能性もあります。

不正出血と生理の見分けかた

不正出血かどうか知るためには、毎日基礎体温を記録するという方法が有効です。
基礎体温を確認して、生理とは関係ない時期に出血していたら不正出血だと考えられます。

原因

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。エストロゲンは、丸みを帯びた女性らしい身体を作るためのホルモンです。受精卵が着床する子宮内膜を厚くする働きや、自律神経のバランスを整える働きなどをします。プロゲステロンは、エストロゲンの働きによって厚くなった子宮内膜を受精卵が着床しやすく整えたり、妊娠を持続させたりするほか、体内の水分を保つ働きをします。

この2つの女性ホルモンが協調して働くことで規則的な生理周期が成立します。これらのうち一方が過剰に分泌されたり、逆に少なすぎたりするとホルモンバランスが乱れて生理不順につながります。

以下にホルモンバランスが乱れる原因をまとめました。

  • 栄養バランスが偏った食事
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 痩せすぎや肥満
  • 冷え性
  • 更年期障害

こんな時は要注意

生理不順のときに次のような症状をともなう場合は、病気の可能性が考えられます。

疲れやすい・むくみやすい・寒さを感じる

甲状腺機能異常のおそれがあります。甲状腺機能異常とは、新陳代謝を調整する働きのある甲状腺ホルモンを分泌する能力が低下してしまいます。生理不順のほか、妊娠しにくくなる、流産や早産の可能性が高くなる、などの影響があります。

ニキビがひどい、毛深い、声が低くなった

女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が多く分泌されてしまう「男性ホルモン分泌過多」という状態になっている可能性があります。ストレスや生活習慣の乱れなどによって、ホルモンバランスが崩れることで起こりやすくなります。

出産経験がないのに母乳が出る

乳腺の発育を促すホルモン「プロラクチン」の分泌が過剰になる、「高プロラクチン血症」の可能性があります。プロラクチンの血中濃度が高くなると、不妊や流産の原因になることがあります。

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

生理不順の状態というのは「ホルモンバランスの乱れ」や「自律神経が乱れ」などさまざまな原因があります。丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

「生理不順」を改善していくには「ホルモンバランスの乱れ」「睡眠の改善」「ストレスの軽減」「冷え性の改善」などを行っていく必要があります。これら全般にかかわっている「自律神経の乱れ」を整えていくことが不可欠です。

当院では自律神経を整えていくために整体とはりとお灸を使って治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として「はり灸治療に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効である」と発表した症状の中に「自律神経の乱れの改善」も含まれています。

腹部のお灸

リラックスすることにより血流を改善させることが出来ます。「ストレス」を軽減させるために当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックス出来る「はこ灸」というものを使用していきます。

整体治療の写真

また筋肉のコリが血流を悪くしてしまう原因にもなりますので、整体をすることにより筋肉をほぐして血流を改善していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ自律神経を整えて「生理不順」を改善していく独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

「生理不順」を改善していくには自律神経を整えていくことが重要となります。

自律神経の乱れを改善させるためには体質改善が必要になりますので週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら