氣めぐり堂

さむっ!!冷房病になっちゃう!!

 

暑くなってくるこの季節に冷房による身体の冷えすぎや、室内外の温度差に身体が適応できなくなり身体の不調がおこりやすくなります。このような不調の状態を「冷房病」と言います。

 

寒くて暖かい飲み物を持つ女性

 

 

冷房病の症状とは?

主な症状としては手足の冷えやしびれ感、疲労感、倦怠感、頭痛、肩凝り、生理不順、下痢・便秘・消化不良などの胃腸障害、睡眠不足、肌荒れ、めまい、ふらつきなどが挙げられます。

冷房病の原因とは?

人間には身体の状態を一定に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」というものが働いています。例えば水分が不足するとのどが渇き水を飲んで水分を補ったり、暑くなると汗をかいて体温を下げる、などがあります。

このホメオスタシスの調整に深くかかわっているのが自律神経になります。この自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経によってコントロールされており、シーソーのようにバランスをとりながら働いています。自分の意識とは無関係に行われているので「自律神経」と言われています。

自律神経は、体温調節も行っています。人間の身体は5度以上の急激な気温変化には素早く対応することが難しいと言われています。涼しい室内と暑い外を行ったり来たりすると体温調節がスムーズに出来なくなってしまい交感神経と副交感神経のバランスが崩れて冷房病の症状が出てきます。

男性よりも女性の方が冷え性の方が多いです。その原因は女性の方がダイン製より身も筋肉が少なく基礎代謝量が低いため、体温を上昇させる機能が弱いこと、冷えると温まりにくい脂肪が男性よりも多いことが挙げられます。特に中高年になると、動脈硬化や血管の老化などから血液の流れが悪くなるうえ、皮膚感覚が鈍くなりエアコンの冷気に気付かずにいて、症状を悪化させてしまうこともあります。

また現代の室内環境はエアコンにより一定温度に保たれている、運動不足、不規則な食生活なども原因になっています。

 

 

冷房病への対策

温かい部屋

 

1.室内環境を整えましょう。

冷房の設定温度は25~28℃を目安にましょう。

室内と室外の温度差を5℃以内にキープし、自律神経が正常に機能する環境を整えることが必要です。また扇風機で空気を回すのも良いですね。

またオフィスや交通機関などでは自分で冷房の温度調節が出来ない場合はは織物やひざ掛けなどを使いましょう。特に足元が冷えないようにすると良いですね。

 

2.湯船に浸かりましょう。

湯船に浸かる女性

夏場はシャワーで済ます、という方も湯船に浸かるようにしましょう。

入浴は身体を芯から温め、全身の血行を促すだけでなく、リラックス効果もあります。自律神経の乱れはストレスによっても引き起こされるので身体の冷えとストレスの解消という二重の意味で、非常に効果的な冷房病対策になります。足湯もおすすめです。

 

3.食事に気をつけましょう。

身体が温まる食べ物

暑いからといって冷たいものばかり食べると内臓が冷えてしまいます。また水分ばかりとっていると胃液が薄くなってしまうと消化能力が低くなり、食欲が落ちます。消化の良いものを食べるようにしましょう。

身体を温める食べ物を「温性食物」を摂るようにすると良いですね。

主なものにショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、カボチャ、チーズなどがあります。トウガラシやコショウなどの香辛料にも、同じ効果があります。

肉・魚・豆類などに多く含まれているタンパク質は、エネルギーとなる栄養素で、カラダを温めてくれる効果があります。レバーや貝類、大豆、ヒジキ等に多く含まれている鉄分は不足すると、貧血になり酸素が不足して抵抗力がなくなったり、体温のコントロールができなくなったりします。

また、糖分はとりすぎると、血液の循環を悪くするので冷えを招きますので血行をよくするものを積極的に摂るようにしましょう。

 

‣ビタミンB群:神経の働きを正常に保つ働きがあります。強いストレスで急激に消費されます。

‣ビタミンC:副腎皮質ホルモンはストレスを感じると、抵抗力を高めるために分泌されます。このホルモンの合成にはビタミンCが必要です。

‣ビタミンA, E:自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

‣カルシウムはイライラを鎮め、不眠解消の効果があります。

4.適度な運動をしましょう。

ランニング

身体の熱を作り出すのは筋肉です。それに対して脂肪は、一旦冷えると温まりにくい性質があります。女性に冷え性が圧倒的に多いのは、男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪が多いためです。運動は筋肉を増やすことに加え、全身の血流を改善する効果も期待できます。

ウォーキングがおすすめです。時間がない方には駅などではエレベーターは使わず階段を使うようにするのも良いですね。

5.良質の睡眠を心がけましょう。

気持ちよく寝ている女性

良質な睡眠は自律神経を整えるのに大切です。

睡眠時には自律神経の副交感神経が優位になります。ブルーライトは自律神経の交感神経を高めてしまうので寝床にスマホに持ち込むの止めましょう。

また朝日を浴びるのも良いです。

 

まとめ

冷房病について書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

まずは自分で出来ることから始めてみましょう。続けることが何よ入りも大事です。