氣めぐり堂

頭痛でお悩みの方へ

頭を抑える女性

頭痛の種類

「緊張型頭痛」=女性に多くいちばんの原因は心身のストレス
「片頭痛」=女性に多くストレスからの解放、気候に影響、空腹で血糖値が下がった時
「混合型頭痛」=片頭痛と緊張型頭痛の両方を同時に併せ持つ頭痛
「群発頭痛」=男性に多く体内時計が関与しているのでは?

症状と原因

緊張型頭痛

日本人の頭痛の中で最も多いのがこの「緊張型頭痛」です。15歳以上の日本人のおよそ5人に1人が悩んでいる頭痛です。「緊張型頭痛」とは頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張するために起こる頭痛です。

痛みは後頭部を中心に頭の両側や首筋にかけて起こり、「頭をバンドで締め付けられているよう」とか、「頭に大きな荷重がかかっているような感じ」などとよく表現されます。痛み以外にもめまい感を伴うこともあります。

「緊張型頭痛」は男性より女性のほうが1.5倍程度多い割合で生じます。ストレスが大きくかかわっているために働き盛りの方が最も多いのですが、全体的にみると幅広い年齢層に分布しています。

「緊張型頭痛」の大きな原因は心身のストレスです。たとえば、机に向かってパソコン作業をしたりデスクワークをするなど、長時間うつ向いた姿勢を続けると、首や肩の筋肉、頭の筋肉などが緊張して血流が悪くなります。その結果、筋肉が疲労し、神経が刺激されて痛みが生じるのです。

女性なら、ショルダーバッグを肩にかけるというような特定の姿勢で発症することもあります。精神的ストレスを受けた場合も同じです。

片頭痛

「片頭痛」は女性に多い発作性の頭痛です。次のような特徴的な症状を伴うものを「片頭痛」と呼んでいます。

  1. 痛みが拍動性である(ズキン、ズキンと脈打つように痛む)
  2. 持続時間が4〜72時間と比較的短い
  3. 頭痛が始まると、寝込んだりして生活に支障をきたす
  4. 吐き気がしたり、吐いたりする
  5. 頭痛発作が起きると、光や音が耐えられなくなり、暗いところへこもってしまう

典型的な片頭痛の症状とは?

「片頭痛」では、頭痛発作が始まる前に閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる前兆が現れることがあります。

ただし、この前兆はすべての人に起こるわけではありません。この前兆のある人は目の前に「火花が散るような」、または「ギザギザした歯車のような」光がみえたり、視界の一部がその光によって白く遮られたりする症状を訴えるのが特徴的です。

それがおさまったかと思うと、こめかみから側頭部のあたりが脈打つように痛み始め痛みが数時間から長くて3日くらい続き自然に消えていきます。

三叉神経血管説が有力

「片頭痛」の原因やメカニズムについては諸説ありますが、現在最も有力視されているのは三叉神経が刺激されて起こるという説です。

脳底部の主幹動脈から大脳皮質表面の軟膜動脈、および硬膜血管には、三叉神経から伸びた神経 線維が張り巡らされています。何らかの原因で三叉神経が刺激を受けると、その刺激でセロトニンなどの神経伝達物質が血液中に出て脳の血管が拡張し周囲に炎症が起こります。

同時に拡張した血管が周りに張り巡らされた三叉神経を圧迫するため、動脈が脈打つたびに拍動性の痛みが起きます。ムカムカしたり嘔吐したりするのはその刺激を受けて脳が興奮状態に陥るためと考えられます。

片頭痛のトリガーは人によってさまざま

「片頭痛」はこのように何らかの原因で三叉神経が痛みに過敏になっているところに、もう1つの要因が重なると、それが引き金となって起こるとされています。

そのトリガー(誘因)についてはいろいろありますが、よく知られているのが「ストレスからの解放」です。

3つの要因

1.ストレスからの解放

「緊張型頭痛」ではストレスそのものが原因となりますが、「片頭痛」では不思議なことにストレスがかかっている最中よりも、むしろそれから解放されたときに発作が起きやすいことがわかっています。たとえば、責任の重い仕事をやり終えて肩の荷が下りたとたん頭痛が始まったということがよくあります。「片頭痛」が週末に起きやすいのも同じ理由からです。

2.気候に影響

気候にも影響されます。春先によく起きる人、秋口に起きやすい人などいろいろですが、梅雨時や低気圧のときは、一様に悪化する傾向にあります。また、朝、カーテンをパッと開けたら、いきなり頭痛が始まったというように、強い光も誘因になることがあります。大きな音、雑踏、タバコや排気ガスのにおい、他人の香水の匂いなども人によってはトリガーになります。「片頭痛」では、睡眠との関係も指摘されています。寝不足はもちろんですが、寝すぎや長時間の昼寝などでも起きることがあります。

3.空腹で血糖値が下がったとき

空腹で血糖値が下がったときにも起きやすい傾向があります。欧米などでは、チョコレートや赤ワイン、チーズなどの食べ物は血管を広げる作用があるため「片頭痛」を誘発するといわれていますが、日本人ではこのような食べ物で起きる人はそれほど多くはないようです。飲酒と「片頭痛」は、直接の関係はありませんが、日本人の中にも、赤ワインを飲むと頭痛が始まるという人もいます。

混合型頭痛

片頭痛と緊張型頭痛の両方を同時に併せ持つ頭痛。「片頭痛」と「緊張型頭痛」は「慢性頭痛」の双璧ですが、実は、「慢性片頭痛」の人は、「緊張型頭痛」の症状も併せ持っていることがほとんどです。

こういうときは、いくら「片頭痛」の治療だけを続けても症状はよくなりません。まず「緊張型頭痛」の治療をしてその症状を改善させた上で、「片頭痛」の治療を行います。

群発頭痛

「群発頭痛」は慢性頭痛の1つです。この頭痛は20代後半〜40代くらいの働き盛りで圧倒的に男性に多い頭痛です。女性に起きることはまれです。家族歴もあまり関係ありません。

どちらか片方の目の奥が「突き刺されるような」、あるいは「焼け火ばしを当てられたように」激しく痛むのが特徴になります。そのような痛みが 毎日、夜中から明け方ごろの決まった時間帯に起こり1〜2時間続きます。目が真っ赤に充血して、鼻水、鼻づまり、汗、涙などの自律神経症状も出てきます。

このような発作が1〜2カ月くらいのあいだ毎晩繰り返されるので、この時期を群発期といいます。発作はある時を境にパタッとおさまり、2〜3年たつと、また同じような痛みが始まります。

「群発頭痛」も原因はよくわかっていませんが、体内時計が関与しているのではないかといわれています。体内時計は脳の視床下部視交叉上核にあって、私たちの 体の日内リズムを刻んでいますが、何らかの原因でこれが乱れると、目の奥にある血管に異常が起きるのだろうと考えられています。

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

頭痛と血流は深い関係にあります。どのような原因で血流が悪くなってしまっているのかはさまざまです。丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

血流は身体のすみずみに栄養を送り届け、老廃物を回収するという働きがあります。

血流をコントロールしているのは自律神経です。自律神経には興奮する交感神経とリラックスする副交感神経があります。血流が良くなるのは副交感神経が優位の時です。筋肉を動かすために栄養源である血流を改善させていきます。

副交感神経を優位にするために当院ではリラックスすることに重点を置いて治療していきます。

整体治療の写真

まずは凝り固まってしまった筋肉を整体でほぐしていきます。その後にはり治療とお灸の治療によりリラックスして血流を改善していく治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。

腹部のお灸

また当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックスできる「はこ灸」というものを使用していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ血流を改善し、自律神経を安定させ頭痛を改善させる独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

頭痛になりにくい身体にしていくには体質を改善して血流を整えていくことが重要です。体質改善には週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

その理由は、血液の成分である赤血球の寿命が120日ということに関係があります。漢方などでも3ヶ月がワンクールとなっているのもそのためです。

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。普段のセルフケアをいかいにしていくかで改善のスピードが変わっていきます。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら