氣めぐり堂

生理痛のタイプ別対応 腰痛編

 

生理直前や生理中に腹痛に加えて腰痛に悩まされている人も多いと思います。

 

生理前・生理中の腰痛の原因は?

その原因には「プロスタグランジン」という物質が深く関係しています。プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれるホルモンですが、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなってしまいます。

また、女性はストレスを感じると自律神経に影響を受けやすく、生理不順や生理痛に悩まされることが少なくありません。加えて、冷え症やストレス、ホルモンバランスの乱れなどにより骨盤内の血流が悪くなり生理中の腰痛に影響を与えてしまします。慢性の冷えから腎臓や消化器に負担がかかっていると腰痛につながる人が多いです。生理痛や腰痛は、血液の流れが悪いというサインです。日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。

腰痛を緩和する方法

ストレスはホルモンバランスに関係している自律神経に大きく影響を与えるので天敵です。そのためリラックスする時間を持つことが大切です。深呼吸はセルフケアとしては簡単にできるのでおすすめです。

息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整えられます。

また、骨盤の開放をスムーズにするためのストレッチやマッサージも有効です。子宮や卵巣、骨盤や内臓などに問題があって引き起こされる腰痛もありますので、日常生活に支障が出るほどの痛みが続く場合は婦人科を受診すると良いでしょう。