氣めぐり堂

腰痛でお悩みの方へ

腰をおさえる女性

症状と原因

腰痛といっても、その原因はさまざまあります。腰痛を原因別に分類すると、腰部脊柱管狭窄(さく)や椎間板ヘルニアなど腰の神経の障害によるもの、内臓の病気、重い脊椎の病気、などがあります。

しかし原因を特定できる腰痛は全体の約15%です残りの約85%は原因を特定しにくい腰痛で、これらを一般的には腰痛と言います。

日常生活から考えられる原因

  1. 腰部に強い負荷がかかる作業
  2. デスクワークなど長時間の同じ姿勢
  3. 精神的なストレス
  4. 冷え性
  5. 運動不足

女性特有の腰痛

妊娠や生理など女性特有の原因で起こる腰痛もあります。生理痛が強いと下腹部痛だけでなく腰痛を伴うことがあります。

妊娠中は大きくなったおなかを支えるために重心が変わり腰痛が起こりやすくなります。産後も授乳や夜泣きの対応などの育児、家事に追われると、身体的・精神的な負担から腰痛が慢性化することもあります。

また更年期になると体内のホルモンバランスが変わり腰痛が起こりやすくなることもあります。

冷え性についてはこちら
更年期障害についてはこちら

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

腰痛にはさまざまな原因があります。筋肉の痛みに加えストレスや自律神経が関係している場合が多くみられるので丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

筋肉の栄養源は血液です。血流は身体のすみずみに栄養源である血液を送り届け、老廃物を回収するという働きがあります。

血流をコントロールしているのは自律神経です。自律神経には興奮する交感神経とリラックスする副交感神経があります。血流が良くなるのは副交感神経が優位の時です。筋肉を動かすための栄養源である血流を改善させていきます。

副交感神経を優位にするために当院ではリラックスすることに重点を置いて治療していきます。

整体治療の写真

まずは凝り固まってしまった筋肉を整体でほぐしていきます。その後にはり治療とお灸の治療によりリラックスして血流を改善していく治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。

腹部のお灸

また当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックスできる「はこ灸」というものを使用していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ血流を改善し、自律神経を安定させ腰痛を改善させる独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

腰痛になりにくい身体にしていくには体質を改善して血流を整えていくことが根本的な治療となります。体質改善には週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

その理由は、血液の成分である赤血球の寿命が120日ということに関係があります。漢方などでも3ヶ月がワンクールとなっているのもそのためです。

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。普段のセルフケアをいかいにしていくかで改善のスピードが変わっていきます。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら