氣めぐり堂

自律神経の乱れでお悩みの方へ

だるそうにうなだれる女性

症状と原因

自律神経とは交感神経と副交感神経という2つの神経のことを言います。

交感神経は「興奮・活動的」で副交感神経「リラックス」の働きがあります。この自律神経は交感神経の働きが優位の時は副交感神経の働きが少なくなり、副交感神経の働きが優位の時は交感神経の働きが少なくなる、というシーソーのようなバランスをとっています。

ところがこの交感神経と副交感神経のバランスがストレスなどで心身に影響を及ぼしてくるとこのバランスが崩れてしまい、さまざまな症状(不定愁訴)が出てきてしまします。

現代人は交感神経の働きが優位になりすぎて副交感神経の働きの衰えた人が多い方が多い、という特徴があります。これは自律神経の乱れる原因が強すぎるストレスにある場合が多いためです。ストレスは心身を緊張状態へと導き、交感神経を優位にさせる原因といえます。

症状

だるさ、疲労感、めまい、耳鳴り、不眠、発汗、頻尿残尿感、ひどい肩こり、手足の冷え、ほてり・のぼせ、片頭痛、便秘・下痢、手足のしびれ、動悸・息切れ・息苦しさ、焦燥感、不安感、食欲不振などがあげられます。

原因

自律神経の乱れる原因としては、ストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンのバランの乱れがあげられます。

氣めぐり堂での治療の特徴

丁寧な問診からスタート

自律神経が乱れている状態というのは個人差がありますので、丁寧な問診で詳しくお話を伺ったたうえで治療方針を決めていきます。

「整体+はり+お灸」独自の治療

自律神経を整えていくために整体とはりとお灸を使って治療をしていきます。

ふくらはぎの鍼治療

自律神経を整えていくにはそれほど強い刺激は必要ではありませんので、当院で使用する「はり」はとても細く刺激も少ない治療となります。NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として「はり灸治療に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効である」と発表した症状の中に「自律神経失調症」も含まれています。

腹部のお灸

またリラックスすることにより血流を改善させることが出来るので当院で使用する「お灸」は単に熱いだけではなく心地よくリラックスできる「はこ灸」というものを使用していきます。

整体治療の写真

筋肉のコリが血流を悪くしてしまう原因にもなりますので、整体をすることにより筋肉をほぐして血流を改善していきます。

当院では相乗効果を高めるために、整体とはりとお灸の組み合わせでそれぞれの良いところを取り入れ自律神経を整えていく独自の治療をしていきます。

治療にはどのくらいの期間が必要?

自律神経の乱れを改善させるためには体質改善が必要になりますので週1回の治療で3~4カ月ほどは掛かるのが目安となります。(少なくても月に2回は治療が必要と考えております)

その理由は、血液の成分である赤血球の寿命が120日ということに関係があります。漢方などでも3ヶ月がワンクールとなっているのもそのためです。

睡眠の質が変わってくる

自律神経の乱れにはさまざまな症状がありますが、どの症状に対しても「良質の睡眠」は必ず必要になってきます。睡眠中には身体や脳の疲れを取る、またさまざまなホルモンが出て身体を修復してくれるので「良質な睡眠」はとても重要になります。

当院の治療はリラックスして血流を良くしていくことが中心となるので1回目の治療中に寝てしまう方もいます。治療を続けていくと良質の睡眠がとれる期間が徐々に長くなってきます。

セルフケアもアドバイス

日常生活での注意点やセルフケアなどのお話もさせて頂いておりますので、一緒に改善させていきましょう。

充実した時間は「心身の健康」から。
輝きたいあなたをしっかりサポート!

その場しのぎのリラクゼーションではなく
「根本治療」で女性特有の症状改善を目指す

初回限定割引

初回特別価格:4,980円

冷え性、生理痛、むくみ、肌のトラブル
便秘、頭痛、肩こり、腰痛、自律神経、体質改善など

24時間ネット予約はこちら