氣めぐり堂

梅雨時におこりやすい体の症状とは?

だるそうな犬

 

気圧の変化や湿度の上昇により末梢神経の傷が刺激されて神経痛や関節痛などの症状がでやすく古傷が痛むこともあります。 汗や冷房でカラダが冷えると血液の循環が弱まり、水分が尿としてうまく排出されず、むくみや水太りにつながります。

暑いからといってむやみに冷たい飲み物を飲むと、おなかの冷えや消化液が薄まる原因となり、食欲不振、消化不良、下痢といった胃腸の不調が増えます。

梅雨時期の激しい温度差によるストレスから自律神経がうまく働かなくなり、だるさや頭痛をはじめ、手足の冷えや月経不順が引き起こされることがあります。

外気の湿度が上がりすぎると、じゅくじゅくタイプのアトピー性皮膚炎や水虫が悪化することがあります。

オススメの食材とは?

香味野菜など良い香りがする食材は胃腸の働きを活発にし、体内の余分な水分=湿の排出に役立ちます。特に生姜はカラダを温めて発汗を促す作用もあるのでお勧めです。

また利尿作用のある物で湿を除去したいですね。ただしウリ科の野菜は熱を奪う働きもあるので、冷えが気になる人は、カラダを温める食材とあわせたりすると良いです。

 

梅雨時の健康管理について

梅雨の季節は東洋医学では、「湿邪(しつじゃ)」が原因で、体調不良になりやすいとされています。梅雨時など自然界に湿度が多いときに体に入りやすくなります。水分なので重く下に流れる性質があり、手足が重く感じたりむくんだりしやすくなるのはそのためです。ねっとりとして停滞しやすく、生命のエネルギーである気血の流れが滞ります。そのため、体に不調が生じたり関節などの痛みを感じるようになります。

また、停滞性があり一度体に入ってしまうと病気の回復が遅くなり治癒に時間がかかりがちです。そして、この湿邪の影響を一番に受けるのが、消化吸収と水分代謝をつかさどる「脾」(胃腸の働き)なのです。

だから梅雨時には下痢や食欲不振、嘔吐、腹部膨満など消化機能の障害が起こりやすいというわけなんです。舌が大きく肥大している時やコケが多くついている場合は、湿がこもっていることを示すので一度チェックしてみると良いでしょう